女子会で美味しい食事を楽しもう|ガールズトークでストレス発散

乾杯

夏バテにも効果てきめん

食べ物

日本一の山、富士山がそびえる静岡県浜松市ではうなぎが有名です。うなぎは日本人だけではなく、外国人にも人気が高いです。乱獲により値段が年々高騰しているのも事実で、食べられなくなる時が来るのではないかと懸念されています。そうならないためにも浜松の水産総合研究センターなどで、うなぎの養殖が積極的に取り組まれています。夏になるとテレビで「土用の丑の日」という言葉を耳にする機会が増えます。まず、「土用」とは季節が変わる前の約18日間のことをいいます。「丑の日」は昔、干支で日にちを数えており、それにあたる時のことをいいます。なぜこう呼ばれるようになったかというと一説には昔、大名にうなぎの蒲焼きの注文を受けたうなぎ屋が3日間かけて作ったところ「丑の日」だけ腐らなかったことから「土用の丑の日」といわれるようになったのです。浜松では全国のうなぎ通が足を運ぶほど人気で美味しいお店がたくさんあります。どのお店にしようか迷った時は、ウェブサイトの口コミをみて決めるのもいいでしょう。本場浜松のお店で食べるのもいいですが、市販の蒲焼きを美味しく食べる方法もあります。人肌くらいにお湯で温めたうなぎを半分に切り、熱しうなぎた魚焼き網に乗せて中火から強火にして泡立つまで焼きます。泡立ったら一度タレに浸けて軽く焼きなおすと市販のものでも美味しくいただくことができます。栄養価が高く夏バテにも効果があるとされているので、土用の丑の日に食べてみるのもいいかもしれません。